今が旬、深谷ねぎたっぷりの煮ぼうとう

煮ぼうとう(埼玉県 JAふかや女性部連絡協議会)

煮ぼうとう(埼玉県 JAふかや女性部連絡協議会)

小麦の産地でもあった深谷では、小麦粉も手に入れやすく、地元の名産の深谷ねぎや根菜類など、丁度今の時期の冬には、深谷ねぎを始め野菜のうまさが際立つ。その地元野菜をたっぷり煮込み、小麦粉で作った、幅広の麺を煮て醤油で味付けした、煮ぼうとうは絶品です。
寒の時期には、目先もお腹もとても温まります。

材料

・深谷ねぎ(2センチ程度の小口切り) 2本
・白菜(2センチ程度のざく切り) 3枚
・大根(いちょう切り3mm) 30g
・にんじん(いちょう切り3mm) 30g
・しいたけ(細切り) 1枚~2枚
・シメジ 1/2パック
・鶏肉(一口サイズ) 150g
・油揚げ(短冊きり) 1枚
・里芋(いちょう切り3mm) 2個
・ほうれん草 100g
・柚子 皮を少々
・煮ぼうとう(生麺) 320g
・醤油、麺つゆ 適量
・顆粒だし 適量

作り方

1 鍋にお湯を沸かし、顆粒だしと切った野菜を入れ具が柔らかくなったら、鶏肉を入れひと煮立ちさせる。
2 鶏肉に火が通ったら、麺をパラパラとほぐしながら入れ、菜箸でかきまぜる。
3 麺に透明感が出てきたら、醤油を入れて味を調える。鍋に蓋をして2.3分蒸らして出来上がり
4 器に盛り付けて、お好みで、ねぎ、ほうれん草、ゆずの皮をトッピングにすると更に美味しいですよ。
Point! 具材は、お好みで、自宅にある野菜でできます。麺を入れる際は、パラパラと入れないと麺同士がくっついてしまいます。醤油は、必ず麺が柔らかくなってから。先に入れてしまうと、麺が柔らかくなりません。生麺から煮込むので、とろみが出て体の芯から温まります。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト