晴れの日に食す『いがまんじゅう』

いがまんじゅう(埼玉県 JAほくさい女性部)

いがまんじゅう(埼玉県 JAほくさい女性部)

『いがまんじゅう』は、餡子入りの饅頭に栗のイガに見立てた赤飯をつけた和菓子で、饅頭と赤飯を一緒に蒸かして手間を省け、ご馳走として重宝した。
祭りや、彼岸などに食べられていた。

材料

小麦粉 80g
・A
 砂糖 30g
 卵 小さじ2
 牛乳 大さじ1
 重曹 3g
 お湯 25cc
 食酢 1滴
餡子(出来上がり) 160g(1個40g)
赤飯(出来上がり) 100g(1個25g)

作り方

1 Aを混ぜ合わせ、小麦粉の中に入れ木ベラで良く混ぜバットに入れ40gづつ分ける。
2 餡をいがまんじゅうの皮で包み蒸気のあがった蒸し器で12分蒸す。
3 出来あがった饅頭のまわりに蒸かした赤飯を付ける。
Point! ①の良く混ぜる時は、空気を含むように照りが出るまで!赤飯をイガのようにまわりに付ける!

感想・メッセージ

埼玉県の北東部は、県内有数の米麦生産地です。もち米と小麦粉を一緒に使った和菓子が出来るのも産地ならではと思います。
ボリュームがあるので、1つ食べると食事のかわりになります

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト