夏のゆでまんじゅう

ゆでまんじゅう(埼玉県 いるま野)

ゆでまんじゅう(埼玉県 いるま野)

新しい小麦粉が採れた時期からまずお盆に供える。
農家の物日、祭日、その他家庭の習、主に初夏から秋にかけて食べる夏のゆでまんじゅう。
昔は熱湯を使わないで水でこねたので、早く硬くなったので、焼いて食べた。

材料

小麦粉 360g(皮 300g、手粉 60g)
熱湯 180cc
あん 375g

作り方

1 こね鉢に小麦粉を入れ、熱湯を全体にまわるように入れ、菜箸で素早くかき混ぜる。
2 熱いので少々手水をつけ、耳たぶの状態までよくこね、15個分に切り、手の平でよく丸め生地をなめらかにする。
3 皮はつぼ状にし、厚さを均等に伸ばす。
4 あんを25gずつに丸め、皮で包む。丁寧に口を閉じ、少し手粉をつけ、手で軽く丸め形を整える。
5 たっぷりのお湯の中にまんじゅうを静かに入れ、鍋底につかないように木じゃくしでかき回し、まんじゅうが浮き上がるまで何回か繰り返す。
6 大きいボールに水とザルを入れておき、浮き上がったまんじゅうを上げ、まわりのぬめりを取り、すぐうちわで扇いで光沢を出す。
Point! 力を入れずにこねること。あんが皮に密着するように口を閉じる。形は軽く平たく押さえる。

感想・メッセージ

今は、油で揚げて「揚げまんじゅう」にしてもいいし、蒸かしても美味しいです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト