きんぴらごぼう

きんぴらごぼう(神奈川県 JAはだの女性部)

きんぴらごぼう(神奈川県 JAはだの女性部)

ごぼうのこりこりとした食感が好まれます。ごぼうを細く刻むには手間がかかりますが、お年始や人寄せの折にはおもてなしの一品としてたくさん作りました。味つけはしょうゆ味を基盤としますが各家庭により異なるようです。

材料

ごぼう 300g
にんじん 50g
こんにゃく 100g
ごま油 大さじ1
大さじ3
【A】砂糖 大さじ3
【A】しょうゆ・みりん 各大さじ2
【A】だし汁 1カップ
白炒りごま 大さじ1
赤唐辛子(小口切り) 少々

作り方

1 ごぼうは皮をこそげて5cm長さのせん切りにし、水にさらしてアク抜きし、水けをきる。にんじん、こんにゃくも同様に細く切り、こんにゃくはゆがいておく。
2 鍋にごま油を熱し、(1)を入れて炒める。全体に油が回ったら酒を加えてふたをし、弱火で5分ほど蒸し煮する。
3 (2)に【A】を加え、ときどきかき混ぜながら、煮汁がなくなるまで20分ほど炒り煮する。
4 最後に白ごまをひねって加え、赤唐辛子を散らす。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト