変わりいなり寿司

いなり寿司(秋田県 秋田しんせい女性部象潟支部)

いなり寿司(秋田県 秋田しんせい女性部象潟支部)

おせちの他にお祭りやお祝いの時にも食べます。
見た目も華やかで、食べやすく喜ばれます。

材料

味を付けたいなり寿司の皮 10枚
生そば 1袋
すし飯
 ・米 1.5合
 ・出し昆布 2.5㎝角
 【合わせ酢】
 ・米酢 大さじ2と1/2
 ・砂糖 大さじ1と1/2
 ・塩 小さじ1/2
ちらしずしの具
 ・干し椎茸 2枚
 ・うすあげ 1枚
 ・人参 1/3本
 【A】薄口しょうゆ 大さじ1
 【A】みりん 大さじ1
 【A】砂糖 小さじ1/2
飾り
 ・蒸しエビ 10本
 ・絹さや 5枚
 ・人参 5cm程度
 ・卵 2個
 ・そぼろ 適量
 ・砂糖 適量
 ・塩 適量

作り方

1 寿司飯を作る。米は出し昆布を入れ、硬めの水加減で炊き、合わせ酢を混ぜる。生そばは茹でて水を切り、寿司の皮を煮たたれをまぶしておく。
2 ちらし寿司の具を作る。戻した干し椎茸は細切り、人参は千切り、うすあげは縦半分にし千切りにし、椎茸の戻し汁1カップに【A】を入れ中火で煮立て、具を入れて煮汁が無くなるまで煮る。
3 飾りを作る。絹さやは塩ゆでにし細切り。人参は砂糖と塩少々で茹で、型取りをする。卵は砂糖・塩少々を入れて炒り卵を作る。
4 いなり寿司の皮5枚にちらし寿司を入れる。もう5枚は裏返してそばを入れる。エビ、絹さや、人参、炒り卵、そぼろで飾る。

感想・メッセージ

我が家伝統の料理です。子ども達にも覚えてもらい、作ってほしいと思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト