海の幸がもたらす幸せの一杯”海苔筆”

海苔筆(島根県 JAしまね出雲女性部)

海苔筆(島根県 JAしまね出雲女性部)

海苔筆は、貴重で縁起の良い「十六島(うっぷるい)海苔」をたっぷり使った料理で、地元ではお正月や2月の初午祭りにはきまって作られ、汁のなかの海苔を箸で持ちあげると海苔が筆の先のようになることが名前の由来となっています。

材料

十六島海苔 6g
べべ貝 30g
こんにゃく 20g
豆腐 30g
ごぼう 10g
里いも 20g
白カブ 20g
小さじ1
しょう油 大さじ1/2
100cc

作り方

1 貝を水煮して、殻を取り除く。
2 ごぼうはささがき、こんにゃく・里芋・白カブ・海苔は小さく切る。
3 (1)の貝の汁の中にこんにゃく・ごぼう・里芋・白カブを入れ、柔らかくなるまで煮る。
4 海苔と豆腐を入れ、味付けする。
Point! べべ貝がないときは、白身の魚や鶏肉を小さく切って入れます。十六島海苔の代わりに岩のりを使用しても良いです。

感想・メッセージ

出雲市の十六島(うっぷるい)地方でのみとれる岩のりを「十六島(うっぷるい)海苔」といいます。歴史は古く「出雲風土記」にもその名は出ており、奈良平安朝の時代から朝廷に献上されました。さらに、江戸時代には将軍家に献上され、江戸の町にも「十六島海苔」の名はとどろいていたようです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト