家族でつくろう!!おせち料理

おせち料理(石川県 JAはくい女性部 中邑知支部)

おせち料理(石川県 JAはくい女性部 中邑知支部)

おせち料理は、正月に食べるお祝いの料理です。年神様へのお供え料理であり、また家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。“めでたさを重ねる”という意味で縁起をかつぎ、重箱に詰めて出されます。地方や家庭ごとにお重の中身は様々ですが、五穀豊穣、子孫繁栄、家族の安全と健康などの祈りを込めて山海の幸を盛り込みます。

材料

《サケの昆布巻き》
昆布(20cm)※水5カップで戻す 8枚
かんぴょう(30cm) 16本
サケ(甘塩) 2切
《田作り》
ごまめ(五万米)※煎りゴマをふってもよい 80g
【A】しょうゆ 大さじ2と1/2
【A】砂糖 大さじ3
【A】みりん・酒 各大さじ1/2
サラダ油 小さじ1
《いしかり漬》
塩紅ザケ 200g
白菜 900g
キャベツ 300g
ニンジン 少々
唐辛子 少々
柚子 少々
昆布 少々
【塩紅サケを漬ける調味料】
 酢(うずまき2倍酢) 50cc
 酒 50cc
 砂糖 50g
【甘酒】
 糀 200g
 ごはん 150g
 湯冷まし 50cc
《伊達巻き》
6個
はんぺん 大1枚
【A】砂糖 大さじ4
【A】塩 小さじ1/3
【A】薄口しょうゆ 小さじ1
【A】酒 大さじ1
【A】みりん 大さじ2
サラダ油 適量
《栗きんとん》
サツマイモ 大2本
栗の甘露煮 20粒
クチナシの実 1/2個
【A】砂糖 200g
【A】みりん 大さじ3
【A】栗の甘露煮の汁 1/2カップ
小さじ1/2
《大豆の五目煮》
大豆 125g
4カップ
鶏もも肉 200g
干しシイタケ 5枚
ニンジン 小2本(200g)
こんにゃく 1/2枚(100g)
レンコン 100g
キヌサヤエンドウ 18枚
【A】干しシイタケの戻し汁に水を加えたもの 1と1/2カップ
【A】砂糖 大さじ2
【A】薄口しょうゆ 大さじ3と1/2
【A】酒 大さじ2
【A】みりん 大さじ2
サラダ油 適量
《黒豆》
黒豆 1袋
砂糖 250g
しょうゆ 小さじ2
《カニカマのくるくる巻き》
カニ風味かまぼこ 6本
ダイコン 15cm
カイワレダイコン 2/3パック
【A】酢※らっきょう酢に代替可 大さじ4
【A】砂糖 小さじ2と1/2
【A】塩 小さじ1/3
《鶏肉(チーズ入り)の一夜干し》
鶏むね肉 2枚
ニンニク 1片
赤唐辛子 1本
チーズ 100g
細ネギ 適量
【A】水 大さじ5
【A】酒 大さじ2
【A】ハチミツ 大さじ1/2
【A】塩 小さじ1
【A】しょうゆ 小さじ1

作り方

1 《サケの昆布巻き》昆布でサケを巻き、両端をかんぴょうで二重巻きに。鍋に並べ、昆布のつけ汁をかぶる程度に注ぎ30~40分煮る。つけ汁を加えながら15~20分煮て、【A】で調味し更に約30分煮る。
2 《田作り》アルミホイルでフライパンを包み、ごまめを弱火で10分ほど木べらで煎る。パリッとしたらザルに上げてふるう。片手鍋に【A】を上下に傾けながら2分ほど煮つめ、ごまめを加えてすぐ火を止める。
3 《いしかり漬》白菜・キャベツは3cm角、3%の塩で1晩。ニンジン・昆布・柚子は細切り、唐辛子は輪切り。紅サケは細いそぎ切り、調味料に1晩漬ける。甘酒を作る。全て混ぜ合わせ、漬物容器に1日ほどおく。
4 《伊達巻き》はんぺんをプロセッサーにかけ、卵を加え10秒。ボウルに【A】を混ぜ、はんぺんも加える。熱した卵焼器に流し入れ、火を止める。蓋をしてごく弱火でゆっくり焼く。巻きすで巻き冷めるまでおく。
5 《栗きんとん》サツマイモを切り、水にさらす。かぶるほどの水で煮て、クチナシの実を加える。熱いうちに、ゆで汁大さじ3を加え1分ほどプロセッサーに。鍋に移し【A】と弱火で10分。塩と甘露煮を加える。
6 《大豆の五目煮》フライパンで鶏肉を炒める。色が変わってきたら【A】と大豆、干しシイタケ、レンコン、こんにゃくを投入。ひと煮たちしたら、落とし蓋をして中火で約10分。ニンジンを加え、柔らかく煮る。
7 《黒豆》水に1晩つける。煮たったら弱火で約5分。一度ゆで汁を捨て、かぶるほどの水で中火にかけ、沸騰したら弱火で約50分。柔らかくなったら砂糖を加え、弱火で約15分。しょうゆを加え、更に約5分。
8 《カニカマのくるくる巻き》ダイコンはスライサーで長方形になるように薄く切る(6枚)。ダイコンを広げ、手前にカイワレとカニカマをのせて巻く。【A】を混ぜた甘酢をつけて食べる。
9 《鶏肉の一夜干し》鶏肉は半分に切り5mm深さの切り目を入れる。【A】に潰したニンニクと唐辛子を混ぜる。ポリ袋に肉と調味料を入れ、常温で7~8時間。汁気を拭き1晩外で干す。グリルで両面がカリッと焼く。
Point! ニンジンを梅花型で抜くなど、見た目も華やかに。家族が一緒に楽しめるように、子どもが好きなカニカマやチーズを使った一品も加えました。

感想・メッセージ

家族の健康や幸せを願う「おせち料理」は、夫や子どもたちにも手伝ってもらい、この一年を振り返りながら皆で作ると楽しいのではないかと思いました。それぞれの作り方や由来を伝えていくことも大切ですね。

作っている様子

おせち料理(石川県 JAはくい女性部 中邑知支部)

サケの昆布巻き


田作り


伊達巻き


栗きんとん


大豆の五目煮


黒豆


カニカマのくるくる巻き


鶏肉の一夜干し

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト