志摩の芋煮

芋煮(三重県 JA鳥羽志摩 女性部)

芋煮(三重県 JA鳥羽志摩 女性部)

里芋がよく採れる時期に身体が温まるように食べます。具はその時期に採れる野菜を使います。

材料

里芋 1kg
加茂肉 500g
こんにゃく 1枚
きのこ類 1パック
だし 200cc
50cc
砂糖 大さじ1
1500cc

作り方

1 里芋は塩でもんで洗い下茹でしておく。ごぼうはささがきにして水にさらす。里芋と長ネギ(斜切)は一口大に切る。
2 こんにゃくは手でちぎり、きのこは割く。鍋に分量の水を張る。こんにゃく・ごぼう・里芋を入れ加熱する。
3 煮立ったら弱火にし、酒・砂糖を加える。ふきこぼれに注意しながら、あくを取る。だしを加え、やわらかくなるまで煮る。
4 減った分だけ水と調味料を足しても良い。仕上げにきのこ・長ねぎ・牛肉を加える。牛肉を煮すぎないように注意する。
Point! 肉は鳥羽の加茂牛を使用しました。上記の材料でなくても、その時期の野菜を沢山入れても作れます。里芋はよくもみ洗いし、ぬめりを取ること。ごぼうを水にさらす時に塩を一つまみ入れるときれいになります。
Point! こんにゃくは、手でちぎると味わいがあります。

感想・メッセージ

身体が温まり、ふだん一度に食べにくい里芋が沢山摂れます。里芋だけでなく、他の野菜も沢山摂れるので、子供達にも良いです。

作っている様子

芋煮(三重県 JA鳥羽志摩 女性部)
芋煮(三重県 JA鳥羽志摩 女性部)

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト