祭り、お祝いの時に食べる料理

さばの押し寿司(京都府 JA京都にのくに女性部)

さばの押し寿司(京都府 JA京都にのくに女性部)

お祭りの時や家族が帰省等で揃った時に食べる。
たくさん作って、おせち等と一緒に親戚に配ったりもした。

材料

5合
だし昆布 10cm
合わせ酢A
 酢 200cc
 砂糖 120g
 塩 大さじ1
さば缶(140g) 4缶
  ※さば缶以外では、椎茸を炊いた物や、かぼちゃやでんぶを使う家庭もあります。
調味料B
 しょう油 大さじ4
 砂糖 130g
 だしの素 少々
芭蕉の葉 適量

作り方

1 お米は、だし昆布を入れて、かたい目に炊く。Aを火にかけて、合わせ酢を作る。
2 ご飯が炊きあがったら合わせ酢を回しかけ、うちわで扇ぎながら切るように混ぜる。
3 さば缶はザルにあけて、汁気をよく切る。鍋にさば缶とBを入れて、そぼろ状になるまでよく炒める。
4 芭蕉の葉を木箱の寸法に2枚切る(ラップでもよい)。木箱に芭蕉の葉を敷き、すし飯をのせて均等になるように軽く手で押さえる。その上に③のそぼろを敷き詰め、芭蕉の葉を乗せ、上蓋をする。
5 重石を乗せて、一日置く。
Point! 木箱の端まで、しっかり詰めること。サバ缶のそぼろは水分をしっかりととばしておく。(すし飯に水分がしみこみすぎないように)

感想・メッセージ

タッパーを木箱の代用に使うとよい。
芭蕉の葉はラップで代用可能。
家族の顔を思い浮かべながら作り、笑顔で食べてもらえることがとても幸せだと感じる。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト