青森県で捕れる鱈を一本まるごと使った郷土料理

鱈じゃっぱ汁(青森県 津軽みらい女性部常盤支部)

鱈じゃっぱ汁(青森県 津軽みらい女性部常盤支部)

青森の冬を代表する魚・鱈を“じゃっぱ(アラ)”まで使い、大根やにんじんと一緒に味噌で煮込む、青森の正月料理にはかかせない郷土料理。昔は鱈を一匹まるごと買い、年越し料理の一切を調えました。

材料

真鱈のアラ・たつ(白子)・肝 一尾分
大根 1/3本
人参 1/2本
木綿豆腐 1丁
ネギ 1本
昆布 10cm
味噌 適量
大さじ2

作り方

1 鱈を捌きます。
2 大根、人参は5ミリ位の銀杏切りに。豆腐は一口大、ネギは斜め切りに切る。白子・肝はひと口大に切り、肝・アラに熱湯を掛けて、アラは水で洗ってヌメリを取る。
3 鍋に水と昆布を入れて大根人参を煮る。野菜に火が通ったら、昆布を取り出し必ず沸騰させて肝を入れて火を通す。
4 酒と味噌の半量を溶きいれ、アラと残りの具材を入れてアクをすくう。
5 ネギを入れて、全体に火が通ってきたら、味を見ながら味噌を足していく。たつ(白子)を入れて火が通ったら頂きます。
Point! 鱈は捨てるところがほとんどないと言われている魚ですので、綺麗に捌いて無駄なく使いきりましょう。

感想・メッセージ

鮮度の良い鱈だったので、臭みがなく、アラも身もとても美味しくいただきました。

作っている様子

鱈じゃっぱ汁(青森県 津軽みらい女性部常盤支部)
鱈じゃっぱ汁(青森県 津軽みらい女性部常盤支部)
鱈じゃっぱ汁(青森県 津軽みらい女性部常盤支部)

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト