おやつにもなる「いもねり」です

いもねり(JAしが女性協議会)

いもねり(JAしが女性協議会)

いもねりは、江戸時代まだ米が貴重だった時代に、農家がくず米をおいしく食べられるように、いもとまぜて増量して、みそをつけて焼いたのが始まりとされています。
さといもの代わりにさつまいもを使うところもあるようです。
「いもつぶし」と呼ぶところもあります。

材料

【5人分】
300g(2合)
もち米 25g
さといも 200g(正味)
450ml
2.5g
きな粉・砂糖
砂糖じょうゆ
大根おろし・しょうゆ
梅の木ゆずみそ

作り方

1 米、もち米は洗ってザルにあげて30 分おく。さといもは皮をむいて厚さ1cmの一口大に切る。
2 炊飯器に米、水、塩を入れ、さといもを米の上に並べ普通に炊く。
3 炊き上がったらすりこ木などでおはぎ状になるまでよくつく。
4 少し冷めたら、手水をつけて小丸もちのかたちに丸める。
5 フライパン、ホットプレートなどで両面をこんがり焼き、好みの味でいただく。
Point! さといもの半量をさつまいもにかえると、黄色くなり甘みも増します。もち米の代わりに玄米でも、さといもは親がしらを使ってもおいしくつくれます。

感想・メッセージ

砂糖じょうゆにをつけると五平餅のようです。冷凍保存もできます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト