やわらかい「水口かんぴょう」をぜひお試しください。

かんぴょうのごま和え(JAしが女性協議会)

かんぴょうのごま和え(JAしが女性協議会)

「水口かんぴょう」は、滋賀県甲賀市水口町で江戸時代から栽培され、歌川広重の東海道五十三次「水口宿」にも描かれている歴史ある滋賀県の伝統野菜です。昔ながらの手剥き・天日乾燥による手間暇をかけた製法で、「ふんわりと柔らかい」、「煮えやすい」、「だしをよく含む」などの特徴があります。巻き寿司のほか、色々な野菜と炊きあわせたり、酢の物や和え物、若い世代にはサラダなどにも幅広く利用されています。

材料

【4人分】
かんぴょう 20g
にんじん 50g
小松菜 100g
薄口しょうゆ 小さじ1
白いりごま 大さじ3
A
 塩 少々
 砂糖 大さじ1
 出し汁 400ml
B
 砂糖 大さじ1
 薄口しょうゆ 大さじ1

作り方

1 かんぴょうはさっと水洗いする。 酢少々(分量外)を入れた熱湯で茹でて3cm長さに切る。 小松菜は茹でて長さ3cmに切り、薄口しょうゆをまぶす。 にんじんは長さ3cmの千切りにする。
2 (1)のかんぴょう、小松菜、にんじんをAで煮る。
3 ごまはねっとりするまですり鉢ですり、Bを加え軽く水気をしぼった具材を和える。
Point! 「水口かんぴよう」はやわらかいので、塩でもまないでも大丈夫です。

感想・メッセージ

カルシウムが豊富なので、成長期の子どもや骨粗しょう症予防におすすめです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト