暑い夏に、からしと酢の味が絶妙です。

丁子麩のからし和え(JAしが女性協議会)

丁子麩のからし和え(JAしが女性協議会)

名前の由来は中国漢方の「丁子(ちょうじ)」から来ているともいわれています。
昔の麩は丸い棒状のような形をしていたのですが、近江商人が日本中を歩いて商売していたため、壊れにくい四角麩になったといわれています。

材料

【4人分】
丁字麩 24g(8個)
きゅうり 100g
A
  白みそ 50g
  砂糖 40g
  酢 大さじ1
  練りからし 小さじ1/2
  すりごま 大さじ1

作り方

1 丁字麩は水に浸して3~4つにちぎり、水気を絞る。
2 きゅうりは薄い輪切りにし、塩(分量外)でもみ、しんなりしたらさっと水洗いして、水気を絞る。
3 ボウルにAの白みそ、砂糖、練りからし、すりごまを合わせて酢でのばす。
4 (3)の酢みそに丁字麩、きゅうりを加えて和える。
Point! 練りからしの量は好みで調整する。

感想・メッセージ

麩はたんぱく質が豊富で低エネルギーの食品です。ハンバーグや肉団子のつなぎに利用できます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト