なつかしい甘さの美松寿司(びしょうずし)です

美松寿司【びしょうずし】(岩手県 JAしが女性部)

美松寿司【びしょうずし】(岩手県 JAしが女性部)

滋賀県湖南市柑子袋周辺の地域に自生する松は「ウツクシマツ」といわれ主幹がなく、1本の根から地表近くで放射状に分かれています。名前の由来は美し松から美松寿司(びしょうずし)と名付けられました。
昔からお祭りやその家でのお祝い事がある時に作られていました。

材料

【6人分】
450g(3合)
適量
すし酢
 酢 60ml
 砂糖 大さじ6
 塩 5g
 かんぴょう 50g
調味料A
 出し汁 適量
 砂糖 大さじ4
 塩 3g
 薄口しょうゆ 小さじ1
 干ししいたけ 30g
調味料B
 戻し汁 適量
 砂糖 大さじ4
 しょうゆ 大さじ2
 にんじん 40g
 油揚げ 20g(1枚)
調味料C
 出し汁 適量
 砂糖 小さじ2
 塩 1g
 赤板かまぼこ 45g(1/2枚)
 三度豆 60g
 干しゆば 3g(1枚)
 紅しょうが 少々

作り方

1 ご飯を炊き、すし酢と合わせてすし飯を作り、二つに分ける。
2 かやくを作り、二等分にする。

※かんぴょうは塩(分量外)でもんで水洗いし、しばらく水に浸けて5mm幅に切る。

※鍋にかんぴょうを入れてひたひたの出し汁を加え、調味料Aを加えて汁気がなくなるまで煮る。

※干ししいたけは水で戻し、軸を取り薄切りにする。

※戻し汁と調味料Bを鍋で煮立て、しいたけを加えて汁気がなくなるまで煮る。

※にんじん、油揚げは長さ3cm位の千切りにし、調味料Cで煮る。

※赤板かまぼこも千切りにして熱湯に通し、ザルにあげて冷ます。

※三度豆は塩茹で(分量外)し、斜め薄切りにする。ゆばは細かく砕いておく。
3 保存容器などにラップを敷いて、半量のすし飯を敷き詰め、かやくの半分を順にちらし、残り半量のすし飯を広げ、かやくをちらす。
4 ラップを上からかけてふたや皿などでしばらく押す。
5 ラップごとまな板の上に出し、人数分に切り分け、紅しょうがを飾る。
Point! 押型は1Lの牛乳パックでも代用できます。高さ5~7cmの筒状に切ったものをお皿にのせて、寿司を詰めていき、牛乳パックを抜くとひとり分づつ盛りつけができます。

感想・メッセージ

干しゆばは薄焼き卵に代えてもきれいです。(卵は錦糸卵にしてちらす。)
このお寿司は砂糖も塩も多めに入っていますので甘いお寿司ですが、無昔なつかしい味です。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト