トピックス

トピックスインデックスページへ

ニッポン食育フェアへの出展

2006/01/14〜15

photo
ニッポン食育フェアのチラシ(クリックで拡大できます)
 食育基本法が制定され「しょくいく」という言葉もすっかり定着しつつある感がありますが、食育の国内最大のイベントである「ニッポン食育フェア」に、JA全国女性協も初めて出展することになりました。

 本フェアは農林水産省が提唱しているところから、国政的な側面もある大事なイベントです。

photo
開会式の模様
photo
私たちの出展ブース
 JA全国女性協では、新潟県の県組織の協力を仰ぎ、ブース2コマでの出展となりました。

 企画の段階から新潟⇒米⇒米飯に合う加工品等の販売と消費者との交流、というコンセプトで、ブース作りから当日の運営まで、一貫してJA女性組織だけでやりとげました。

photo
ブース内に設置したキッチン。出来立ての試供品を召し上がって頂くことを第一としました。
 販売する加工品は、お米も含めて全部で30点ほど。それぞれフェア特別価格で来場者にサービス。

 試食品は以下の3品を提供しました。試食品は、全て会場で作って出来たてほやほやを提供。

・新潟コシヒカリを使用した「100%地産地消おにぎり」
  ⇒米と塩のみの具のないシンプルおにぎり。JF全漁連さんから提供頂いた高級海苔を巻いて召し上がって頂きました。

・新潟JA津南町女性部の手作り味噌を使用した「100%新潟産お味噌汁」
  ⇒具はめかぶ、出汁は「あご」(飛魚)でとり、いずれも佐渡産の厳選素材を使用。水以外は全て新潟産。

・米粉ミックスを使用した「焼きたてパン」
  ⇒新潟県産の米粉ミックス(グルテンを含んでいるのでミックス)で、その場でパンを焼き提供。県のJA女性組織が作った加工品のジャムを添えて召し上がって頂きました。

photo
来場者との交流。普段加工所で着ている白衣姿のメンバー。

photo
取材を受けるメンバー。堂々と話していました 。

photo
おにぎりや加工品を試食されている武部幹事長

 販売も試食も大反響でした。

 「100%地産地消おにぎり」は、初日に来場された自民党武部幹事長にも、「旨い 旨い」と召し上がって頂きました。

 最初は緊張の面持ちだったJA女性組織のメンバーも、次第に会場の雰囲気になれ、来場されたお客さんと、たっぷりと交流しながら、自慢の加工品を販売していました。


 全く初めての試みでしたが、会期中の2日間、精一杯の対応が出来ました。

 来年度も開催される本フェアには、もっともっと充実したブースを出展するつもりです。

このページのトップへ
  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト