トピックス

トピックスインデックスページへ

フレッシュミズ全国代表者会議

2005/09/08 場所:JA全中 8F 大会議室(東京大手町)

photo
会議冒頭で参加者に挨拶をする、JA全国女性協大蔵会長
 去る9月8日(木)に「フレッシュミズ全国代表者会議」を開催しました。

 フレッシュミズは、JA女性組織の部会のひとつで、20〜30代の若手メンバーを中心に組織されています。

 本会議は毎年9月に開催され、次代のJA女性組織の中核を担う、リーダー達が集い、自らの組織の現状や課題を話し合います。 

本年度は、24組織29名が参加して開催されました。

 JA全国女性協より、JA女性組織の課題と現在開催されている「JA女性組織基盤強化検討委員会」の報告が行われ、代表者からは各県の活動状況が報告されました。

photo
グループ討議にも熱が入りました
 その後、グループに別れ、フレッシュミズ組織が抱える問題・課題について討議しました。

 今、最大の問題となっているのは「メンバーの高齢化」です。晩婚化がすすみ、子育てがひと段落して、JA女性組織の活動に参加し始めるのが30代中盤。気がつくとすぐ40代になってしまう、という悩みがあります。学校行事との兼ね合いや、親世代のJA女性組織メンバーと上手く付き合っていくやり方などが、多くのフレッシュミズ世代にとって共通の悩みとなっています。

 また、JA女性組織の活動にスムーズに移行できず、フレッシュミズ組織結成当初のメンバーがそのままフレッシュミズ組織に留まってしまい「世代交代」が出来ていない現状もあります。

 しかし、今回の参加者をみる限りでは、参加者は社会的経験もそれなりに積み、問題意識も高い方が多く集まっていました。

 JA全国女性協としては、こうした方々をできる限り早く、JA女性組織に取り込み、新しいメンバーの発掘に努めるようにしていきたい、と考えています。

photo
IIDの正門。以前は池尻中学校でした

photo
IIDの正面玄関。学校施設の形態はそのまま残されています

 翌9日は「世田谷ものづくり学校」(IID)を視察しました。IIDは家具の制作・販売で有名な(株)イデーが運営主体となって、若いデザイナーや建築家、起業家、職人さんなどがいわゆる店子として廃校となった学校の「教室」を間借りする形で各々の事業を展開しています。

photo
「食の寺子屋」の教室。本当に教室なんです

photo
廊下からか教室を覗いたカット。こんな感じです。参加者を前に、講演する中村理事

 今回は、JAグループもその活動に協賛するNPO法人 良い食材を伝える会のコーディネートにより、会がIID内で運営されている「食の寺子屋」で、理事を務める元NHK解説委員の中村靖彦氏に「食の寺子屋」が目指すものを、ご講演頂きました。良い食材を伝える会は、この教室を利用して数々の講演活動をする一方、会の名前にもあるように、品質の良い、優れた食材を次世代に継承するための様々な活動を行っています。

photo
ご自分は「普通の人」と強調するルセット代表の田中氏

photo
でも、事業へのこだわり方は半端じゃないです。また、お話がとても上手で解りやすく参加者一同感嘆しました

 つづいて、IID内に工房を構える本格高級パンの製造・販売で有名な「ルセット」代表の田中明子氏より、実践報告として、展開事業や創業への想いをご講演頂きました。普段私たちJAグループは米の消費拡大を標榜して「パン」と聞くだけであまり良い印象を持たないものですが、田中氏の食材へのこだわり、先人に学ぶ姿勢、そしてパンを単なる消費食材ではなく、その地位を高めることに情熱を注いでいる点には、学ぶものが多くありました。とても良い勉強をさせて頂きました。

「ルセット」のホームページ

photo
「Rする」をキーワードに事業展開について説明する川渕氏
 最後に、IIDを運営する(株)イデーのディレクター川渕恵理子氏より、IIDの運営と(株)イデーが取り組む「再生プロジェクト(R−project)」についてご説明頂きました。R−projectは、再生や再考をキーワードに、古くて価値がないと思われている建物や、不動産の再活用を通して、公共の利益に寄与する事業です。実際にこのIIDも世帯主は世田谷区で、イデーがこの学校の施設を借り受ける形で成立しています。現在、JAも広域合併により支所や事業所の統廃合が行われ、使われない休眠施設が多くなってきています。こうした取組みが東京だけでなく地方や農村にも広がるといいな、と参加者は感想を持ったようです。

「イデー」のホームページ

photo
施設見学のひとコマ。面白い事業が一杯ありました
 その後、IID内の各教室をひとつひとつ丁寧にご案内して頂きました。いろいろな業態の方々がそれぞれの思惑を持って教室を賃借されており、参加者は興味津々でした。

 以上、2日間の日程で色々な事が吸収できたようです。
今後、参加者がそれぞれの地域に帰ってこの2日間の体験が活きるといいな、考えています。

このページのトップへ
  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト