JA女性組織とは

JA女性組織とは

 JAをよりどころとして、食や農、くらしに関心のある女性が、集まって活動する組合員組織です。

 農家でも農家でない人でも誰でも気軽に参加でき、メンバーには20代から80代まで、幅広い世代の人がいます。

 JA女性組織は、ほとんどのJAにあり、全国に681組織、60万人のメンバーがいます(平成27年12月現在)。都道府県段階には、JA都道府県女性組織、全国には、JA全国女性組織協議会が設置され、JA女性組織の活動をサポートしています。

 主に、食農教育や地産地消にかかわる活動、助けあい活動(高齢者福祉)、環境保全活動などに取り組んでいます。

 また、特に若い世代(45歳くらいまで)の組織として、非農家でも参加できる「フレッシュミズ(フレミズ)」があります。食や農業に関心のある女性が集まり、料理教室やスポーツ、手芸などのいきいきとした活動をそれぞれの地域で行っています。

組織の目的

 私たちは全国共通の「JA女性組織綱領」を以下のように定めています。

JA女性組織綱領

 JA女性組織綱領は、「わたし」から始まり、JAというメンバーシップをもつ「仲間」、さらに「地域」へと活動視野を広げていくことを明らかにしています。個人を基本としつつも、地域に責任をもって、地域をより良い方向へ向けるために活動をしていこうというものです。

組織機構

 私たちJA女性組織は、その活動の拠り所を「JA」としています。平成28年1月現在、JAは全国に679組織あり、その大半でJA女性組織は結成されています。また、JA女性組織数も715ありますが、合併したJAにおいて未合併の女性組織もあり、すべてのJAに1ずつの女性組織が存在しているわけではありません。

 この単位組織を、都道府県域で統轄する組織が「JA都道府県女性組織協議会」であり、都道府県域組織を全国的に統轄するのが「JA全国女性組織協議会」です。

 JA全国女性組織協議会は、46都道府県組織の代表者(会長)によって組織され、年一回の総会の決議によって、全国的な活動方針の策定を実施します。また、JAグループの全国組織への申し入れや女性団体・各関係機関との連絡・調整、資料・学習資材の作成、全国研修会の実施などを主に行っています。

組織機構図

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト