今週のリーダー

  • 谷井 悦子

  • JA富山県女性組織協議会

  • 会長

地域の農産物の良さ、食の大切さを子供たちに伝えたい

私の所属するJAなのはな女性部は、富山市の北部国道8号線を中心に東西に位置しており、7支部443名からなる組織です。私達は、食育・食農教育に力を注いで、さまざまな活動に励んでおります。

毎年、夏には「夏休み親子農業スクール」や「グリーン・ツーリズム(農家一泊体験)」を実施しています。

今年の「グリーン・ツーリズム」では、野菜の収穫体験や、昨年に引き続き、そばの種蒔きを行ないました。赤しその葉っぱをみんなでちぎってしそジュースを作ったり、収穫した野菜をたっぷり使った夏野菜カレーやサラダを作り、自分で作って食べる喜びと、身近で採れる新鮮な野菜の美味しさを実感していました。 また、昨年の参加者が蒔いて出来た“そば粉”を使って「そば打ち体験」も行い、参加した子供達は、慣れない手つきで目を輝かせながら真剣に取り組んでいました。

子供達には地域や家庭での自然体験や生活体験など、さまざまな体験活動を通して、豊かな人生を送ってほしいと願っております。

これからも地域の農産物の良さや安心安全な食の大切さを、次代を担っていくすべての子ども達のために伝え続けていきたいと思います。

今週のリーダー一覧へ

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト