今週のリーダー

JA熊本県女性組織協議会 寺本 眞理子さん
  • 寺本 眞理子

  • JA熊本県女性組織協議会

  • 会長

キャッチフレーズは「たべる・ねる・遊ぶ」

 私は、熊本県の南部に位置する芦北町田浦に住んでいます。田浦地区(旧田浦町)は、温暖な気候で、中晩柑の栽培が盛んな所です。我が家でも、甘夏1ha、しらぬい(屋根掛ハウス50a、露地50a)、その他雑柑(晩白柚、パール柑、温州、晩柑)1haを栽培しています。

 甘夏としらぬいの話を少ししましょう。甘夏は、“田 浦マーク”を甘夏に印字をして、日本一の産地です。農産物のテレビコマーシャルと農産物のブランド化の草分けといわれています。若い頃は、宣伝販売に何回も行ったものです。しらぬいは、通称、デコポンと呼ばれていますが、デコポンは糖度と酸の基準の合格品で、他はしらぬいとして販売します。直売所等で、私達が販売する時は、しらぬいでしか販売できません。

 私は、みかん山へ行くのが大好きです。なかなか手が届かなくて、良い作物はできませんが…。

 もちろん、女性部活動も大好きです。昨年の講演の先生が、長生きの秘訣は「たべる・ねる・遊ぶ」と言われました。女性部活動にピッタリ。新鮮で美味しいものを食べて、7時間しっかり寝て、遊ぶ、すなわち女性部活動で、学習して、おしゃべりして、サークルを楽しんで…。

 女性部活動のキャッチフレーズにしています。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト