今週のリーダー

JAとっとり女性協議会 原田幸代さん
  • 原田 幸代

  • JAとっとり女性協議会

  • 会長

県下統一「米、ひと握り運動」

 鳥取県にはJA鳥取西部、JA鳥取中央、JA鳥取いなばの3JAがあり、8,168名の女性会会員がおります。

 中国地方最高峰大山山麓の酪農地、弓ヶ浜半島の砂地を有し白ネギ栽培の盛んなJA鳥取西部。県の中央に位置し、大山のすそ野に広がるくろぼく土壌でのスイカの栽培、豊富な水の穀倉地を有するJA鳥取中央。鳥取砂丘地で生産される「砂丘らっきょう」、山間地では20世紀梨などのJA鳥取いなば。各JAそれぞれに特徴があり、女性会としても「JA女性、心ひとつに今をつむぎ、次代へつなごう」をベースとして自分たちの地域に沿った活動を展開しています。

 そんな中で県下統一の『米、ひと握り運動』を行っております。

 『米、ひと握り運動』は平成14年より米消費拡大を目的として、12月に会員より精米をひと握り提供していただき、福祉施設へ寄贈することから始まりました。現在では当初の目的はもちろんのこと、地域の助け合い活動にも発展しています。

 提供された米や野菜で弁当を作り、一人暮らしのお年寄りに差し上げたり、年末に餅をついて地域のお年寄りに差し上げたり、もち米を提供して施設で一緒に餅つきをしたり、米ひと握り運動では少ないからと、イベントの収益も米に替えて贈るなど、地域の人々に喜んでいただいています。

 また、この活動がきっかけで、JA子会社の介護施設や福祉施設との交流も深まり、交流会をさかんに行う組織も増えてきています。

 時代の変化に伴い、手段は変わっても助け合いの精神はいつまでもつながっていってほしいですね。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト