今週のリーダー

JA新潟県女性組織協議会 馬場良子さん
  • 馬場 良子

  • JA新潟県女性組織協議会

  • 会長

工夫をこらして活動を活発化

 新潟県は東北から南西に細長く、海岸線でいうところの330キロも続くというユニークな地形で、おまけに『朱鷺』の島、佐渡もありますので、女性協の役員会もなかなか参集に大変なんですが、だからこそ研修会などは皆さん熱意をもって出席されます。

 魚沼コシヒカリに代表される農業県でもあり、海の幸山の幸に恵まれた、地産地消にはもってこいの地域です。

 さて、郷土自慢はこれくらいにして、各JA女性部とも高齢化による世代交代での部員数減少は悩みの種ですが、そのかわり実働部隊の活動は活発化しており、女性大学やJAのファン作りのためのサークル活動など、それぞれ工夫をこらして部員獲得につとめています。

 私の地元、JAにいがた南蒲も、梅干・ケチャップ・味噌作りを3本柱に、次代へつなげる伝統食として笹団子をつくる支部や、米粉を使ったパンやシチューなど若い人にも喜ばれる料理講習会の開催を計画したりと、女性部役員と事務局が一体となって知恵をしぼり事業の活発化をはかっております。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月4日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト